とてもうれしかった贈り物というと、私が義母からもらったカップ&ソーサーです。

贈り物をもらってうれしかったエピソード
贈り物をもらってうれしかったエピソード

とてもうれしかった贈り物というと / 39歳 女性

とてもうれしかった贈り物というと、私が義母からもらったカップ&ソーサーです。
長く付き合っていた彼の実家にはじめて遊びに行ったとき、のちに義母となる彼のお母さんはとても優しく接してくれました。
そのときに出してくれたケーキはもちろんおいしくてうれしかったのだけど、それ以上に目が釘づけになったのが紅茶を淹れてくれたカップ&ソーサーでした。

彼のお母さんは器などに興味がある人で、陶芸展や骨董市などにも足しげく通って、気に入ったカップなどがあると買ってきて楽しむ人でした。
そして、家を訪れたお客様の雰囲気やイメージにあったものを選び、そこにお気に入りの茶葉で淹れた紅茶でおもてなしするのが、彼のお母さん流の楽しみなのだそうです。
そのときの紅茶のカップ&ソーサーは、彼のお母さんが私のイメージや雰囲気からチョイスしてくれたものでした。
その話を当時は知らなかったのだけれど、初めて見た時からそのカップ&ソーサーがものすごく気に入ってしまって、しげしげと眺めていたのです。

ご縁があってその後彼と結婚。しばらくして新居のアパートを訪れた義母が、あのときのカップ&ソーサーをプレゼントとして贈ってくれたのです。
「あの時、なんとなくこの子が娘になるってわかったのよ」という言葉とともに。とてもうれしい贈り物でした。

Copyright (C)2017贈り物をもらってうれしかったエピソード.All rights reserved.